自律神経を整え活力アップ!

エナジーテラピーのユニークポイント ①


自律神経は交感神経と副交感神経があり、

車で例えるならればアクセルとブレーキの役割を担っています。

双方の効きがいい車が優れていると言えます。

上図はエナジーテラピーを60分間施術した測定結果です。


縦軸が副交感神経(ブレーキ)を、

横軸が交感神経(アクセル)を表しています。

中央から右上に行くほどバランス、効きとも優れており、

左下はどちらも衰弱、

右下はアクセルが暴走気味、

左上はブレーキがかかりすぎて活力が足りない状態です。


エナジーテラピーを行うと、

交感神経、副交感神経ともにアップし、

それぞれがバランス良く働くことで免疫力も上がり、

病気になりにくい・良く眠れる・

集中力が増す・メンタルが強くなるなどの効果が表れます。


このようにエナジーテラピーは、

自律神経の機能を高め、体の活力がアップし、

さまざまな体調不良の抜本的な改善を図ることが出来るのです。



energy method MIYABI

疲れないカラダ作り専門サロン 目黒駅徒歩1分 完全予約制 個室サロン エナジーメソッド ミヤビ

0コメント

  • 1000 / 1000